にきびができる食生活

subpage1

思春期の子供から大人まで顔などにできてしまうにきびですが、どれも毛穴の入り口に何かが詰まり肌に異常が起こってしまうのが原因です。
ストレスやホルモンバランスの崩れなど様々な要因によって出来てしまいますが、私たちの生活に欠かせない食事によっても出来てしまいます。
にきびの出来てしまう食事として次の3つがあります。


まず一つ目は、コーヒー、お酒などのし好品類の摂りすぎです。

お酒は脂を分泌する皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌を促進します。コーヒーには肌の代謝に働くビタミンBの吸収を防ぐカフェインが含まれる為、にきびが出来やすくなってしまうのです。

2つ目はバランスの悪い食事です。毎日偏った食生活を続けると当然肌にも悪影響です。

抗酸化作用や新陳代謝に働くビタミンが不足した食事や、肌の再生を促す必須脂肪酸が含まれる魚類の摂取不足は、にきびが出来やすく悪化にもつながります。

人気のにきびの詳細についてはこちらです。

最後は高GI食品の過剰摂取です。


高GI食品とは分解され急速に糖に変わり血糖値の上昇が高い食品のことで、白米や砂糖などがあります。


血糖値が上昇すると血糖値を下げるためにインシュリンが分泌されますが、このインシュリンが皮脂の分泌を促す男性ホルモンの分泌をも促進してしまいます。皮脂の過剰分泌により毛穴がつまり、炎症や悪化を引き起こしてしまうのです。

M3Qの情報がいっぱい詰まったサイトです。

この他にも様々な食生活がにきびの原因になります。



毎日食べる食事だからこそきちんと管理して綺麗な肌を保てるようにしましょう。